スポーツ

四十住さくら(よそずみ)の兄はスケボー先生?家族構成を調査!

 

東京オリンピックでスケートボード日本代表の四十住(よそずみ)さくら選手。

お兄さんがスケボー先生をだとの噂が出ていますが事実でしょうか?

今回の記事では四十住(よそずみ)さくら選手の兄を含め家族構成を調べたので紹介します。

四十住さくら(よそずみ)の兄はスケボー先生?

四十住(よそずみ)さくら選手の兄は、麗以八(れいや)さんです。

さくら選手より13歳上です。2021年現在、32歳です。

さくら選手は小学校6年生の時に、スケボーをしている麗以八さんを見て、「格好いい!」と憧れてスケボーを始めたそうです。自慢のお兄さんだったんですね!

スケボーを始めたときは、麗以八さんが先生としてさくら選手を教えていたそうです。

今ではオリンピックに出る実力を持ったため、お兄さんは教えることが何もないと言っていました。

四十住さくら(よそずみ)の家族構成を調査!

さくら選手の家族を紹介します。さくら選手は父・母・兄の4人家族です。

四十住さくら(よそずみ)の父

四十住(よそずみ)さくら選手の父は、和次さんです。

職業は分かりませんでしたが、以前テレビの取材に答えていたときに、「自宅前に畑があること」「雑草処理に山羊購入」と答えていたので、農業をされている可能性はありますね!

実は父の和次さんはさくら選手がスケボーをすることに、当初は反対していたそうです。その理由は練習場までが遠いことでした。和歌山県にはスケートボードの練習場がなく県外に出ないと行けなかったそうです。和次さんの出すスパルタな練習メニューをこなし、本気度を示したそうです。

それからは、さくら選手にすべてをつぎ込んだそうです。海外遠征費など度重なる出費に対して、貯蓄や学資保険の取り崩しなど借金する覚悟で応援していました。

2017年に出場大会で3位入賞し、スポンサーも増えて今では順調にいっています。

四十住さくら(よそずみ)の母

四十住(よそずみ)さくら選手の母は清美さんです。

練習場までの交通費を稼ぐためにお仕事をされていたそうですが、何の職業かは分かりませんでした。

母の清美さんもさくら選手に全てをつぎ込んでいたんですね!

練習場への送迎は母清美さんがしていました。それも毎日!!車で遠いと3時間、ガソリン・高速代は最高で月17万円でした!

四十住さくら(よそずみ)のプロフィール

四十住(よそずみ)さくら選手のプロフィールを紹介します。

名前:四十住 さくら(よそずみ さくら)

生年月日:2002年3月15日

年齢:19歳(2021年現在)

身長:159cm

体重:52Kg

出身:和歌山県

所属:ベンヌ

出場予定種目:スケートボード女子パーク

コースのふちを使った多彩な技が得意で、持ち技は100種類を超える。ダイナッミクでスピード感のある滑り。2018年には、日本選手権・アジア大会・世界選手権の3大会で優勝する。

まとめ

四十住さくら(よそずみ)の家族についてまとめました。

お兄さんに憧れたさくら選手、当初はお兄さんからスケボーを習っていました!

今でもお兄さんがボードのお手入れを手伝ってくれているみたいです。

お兄さん大好きですね!

父も母も当初はスケボーに反対していましたが、さくら選手の本気度が伝わると、全てを尽くして応戦していましたね!

東京オリンピックで女子スケートボードパークで金メダル獲得して欲しいですね!

-スポーツ

© 2021 アロマの情報館! Powered by AFFINGER5