映画

「ハウルの動く城」ソフィーが若返る理由は?呪いが解けたのはいつ?

「ハウルの動く城」のヒロインであるソフィーは荒れ地の魔女に呪いをかけられ

老婆に変えられてしまいます。

しかし、ソフィーは若返ったり、老いたりを繰り返します。

一体何故なのでしょうか?

呪いの謎をひもとき、呪いがいつ解けたのかについて紹介します。

「ハウルの動く城」で呪われたソフィーが若返る理由は?

 

 

出典:https://www.ghibli.jp/works/howl/#frame

実はソフィーが荒れ地の魔女にかけられた呪いは、ただ単に老婆になる呪いではなく、

ソフィー自信の心を外見に映し出す呪い」だったのです。

だからマイナス思考で自分に自信がない時は老婆の姿になります。

逆に、心が恋する乙女になったり、自信溢れる時、強い気持ちを持っている時は

若返っています。

つまりソフィーの精神性に影響すると言えます。

ソフィーはどんな少女?

出典:https://www.ghibli.jp/works/howl/#frame

では、自分に自信がない時は老婆の姿になってしまうソフィーはどんな少女なのでしょうか?

ソフィーは3姉妹の長女として父親が残した帽子屋「ハッター帽子屋」で

お針子として働いています。

地味な容姿をしており、内気でマイナス思考、自分に自信がなく、劣等感を持っています。

荒れ地の魔女によって、呪いをかけられた直後のソフィーは、人生をあきらめ、

気持ちがおばあさんのようでいました。だから90歳の老婆の姿になったんですね。

しかし本当のソフィーは街でナンパされたり、「綺麗だよ」とハウルに言われるぐらいの美人です。

何故ソフィーは荒れ地の魔女に呪いをかけられたの?

 

 

出典:https://www.ghibli.jp/works/howl/#frame

荒れ地の魔女は昔は絶世の美女でした。

50年前に悪魔と契約したことから、王宮から追放されてしまいます。

そして追放したサリマンを恨んでいます。

ハウルの心臓は高い魔力を誇るので、ハウルの心臓に執着し狙っています。

ソフィーとハウルの姿を目撃した荒れ地の魔女は「若くて美しい」ソフィーに

嫉妬したから呪いをかけたのかもしれませんね。

「ハウルの動く城」ソフィーの呪いが解けたのはいつ?

出典:https://www.ghibli.jp/works/howl/#frame

物語の最後にはソフィーは若い姿のままです。

一体いつ呪いが解けていたのでしょうか?

ソフィーとカルシファーとの出会いを思い出して下さい。

ソフィーが「呪いは解けるの?」とカルシファーに聞いた時、

「簡単さ、おいらをここに縛り付けてる呪いを解いてくれれば、あんたの呪いも解いてやるよ。」

と言っています。

つまり、カルシファーの呪いが解けた時にソフィーの呪いも解けたと言えます。

では、カルシファーがソフィーの呪いを解いたのはどの場面でしょうか?

カルシファーに水をかけてしまった後は、ソフィーはハウルを助けるので必死で、

若い姿のままでいたので、どのタイミングで呪いが解けたかは分かりにくいですね。

ソフィーが

「どうかカルシファーが千年も生き、ハウルが心を取り戻しますように」

とカルシファーに声をかけ、ハウルに心臓を戻します。

その時、ルシファーは呪いが解け自由に、ソフィーの呪いも解いたのです!

「ハウルの動く城」実はソフィーにも魔力が!?

 

 

出典:https://www.ghibli.jp/works/howl/#frame

実はソフィーには隠れた能力があります。

①カルシファーに水をかけた時、カルシファーは消えなかった。

②ハウルに心臓を返す時、カルシファーは消えずに自由になった。

③カカシのカブにキスをしたら人間に戻った。

上記のことからソフィーには「物に命を吹き込む魔法」があることがわかります。

まとめ

ソフィーが若返る理由は「ソフィー自身の心を外見に映し出す呪い」のため

心が恋する乙女の時、自信溢れる時、強い気持ちでいる時に若返ります。

ソフィーの呪いが解けたのはカルシファーの呪いが解けて、自由になった時に

カルシファーに解いてもらったです。

 

 

 

 

-映画

© 2021 アロマの独り言 Powered by AFFINGER5